MENU

賃貸は無職の保証人なしでも契約できる?賃貸審査に通る5つの方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

賃貸は無職の保証人なしでも契約できるのかとても気になりますよね。

結論としては、賃貸は無職の保証人なしでも契約可能です。

当記事をご覧になれば、契約の方法や審査を通りやすくするコツがわかります。

その結果、あなたも実際に賃貸の契約をすることができるでしょう。

ぜひ、最後まで当記事をお読みください。

目次

賃貸は無職で保証人なしでも契約できるのか

賃貸は、無職で保証人なしでも契約できます。

あなたが心配に感じるであろう、賃貸契約の審査を無職で保証人なしでも通過できるのです。

賃貸の審査では下記項目がチェックされます。

  • 職業
  • 収入
  • 連帯保証人がいるか
  • 人柄
  • これまで支払いや返済に滞納があるか

職に就いている人や保証人がいる人に比べると、審査のハードルは高いのが現状です。

だからといって、賃貸の契約を諦める必要はありません。

客観的に見て、家賃を支払える状況だと判断できる場合など、賃貸を無職の保証人なしでも契約する方法は様々あるのです。

賃貸を無職の保証人なしでも契約する5つの方法

賃貸は無職の保証人なしでも契約可能ですが、具体的にどのような契約方法があるのか気になるでしょう。

下記の契約方法について詳しく解説していきます。

  • 保証会社
  • 前払い
  • 預貯金審査
  • 自分以外の契約者
  • 住民確保給付金

それでは1つずつ見ていきましょう。

保証会社を利用する

賃貸を無職の保証人なしでも契約する方法の1つ目に、保証会社を利用することが挙げられます。

保証会社とは、入居者に家賃の滞納があった際に、立て替えて支払うことを保証する会社のことです。

保証会社を利用することで、大家さんは家賃を支払ってもらえる保証があるので、賃貸契約が可能になります。

注意すべき点は年間費用と保証会社の利用にも審査があることです。

年間費用は1〜2万円で、審査の基準として家賃を支払う見込みがあるか、過去に滞納があるかが見られます。

審査に問題がないのなら保証会社の利用が最適でしょう。

前払いで賃貸契約をする

賃貸を無職の保証人なしでも契約する方法の2つ目に、前払いで賃貸契約をすることが挙げられます。

約1年分の家賃を前払いすることで、賃貸契約をしてくれる場合があるのです。

特別な賃貸契約の方法で、前払いでの契約を行っていない不動産会社もあります。

もし、金銭的に余裕があるのなら、前払いでの賃貸契約も検討してみましょう。

預貯金審査を行う

賃貸を無職の保証人なしでも契約する方法の3つ目に、預貯金審査を行うことが挙げられます。

預貯金審査とは、家賃を支払えるだけの預貯金があるのを証明することです。

預貯金が大きいほど審査に通りやすく、最低でも家賃約2年分の預貯金は必要でしょう。

親や親族を契約者にする

賃貸を無職の保証人なしでも契約する方法の4つ目に、親や親族を契約者にすることが挙げられます。

収入の安定した親などを契約者にすることで、審査に通過できるのです。

ですが、30代なのに無職であるなど、状況によっては認めてくれない大家さんもいます。

あなたの現在の状況を確認した上で、親や親族と相談してから審査に申し出ましょう。

住居確保給付金を利用する

賃貸を無職の保証人なしでも契約する方法の5つ目に、住居確保給付金を利用することが挙げられます。

住居確保給付金は退職・廃業・休業から2年以内の人が対象です。

原則3カ月、最大9カ月の家賃が自治体から物件管理会社に支払われます。

まずは自治体に相談をし、住居確保給付金をうまく活用しましょう。

賃貸を無職で保証人なしでも審査に通りやすくするコツとは

賃貸の審査には無職で保証人なしでも通過しやすくなるコツがあります。

  • 転居理由を伝える
  • 初期費用の安い物件
  • クレジットカード払い
  • 保証人不要の物件
  • コミュニケーション

それでは詳しく解説していきます。

転居理由をしっかり伝える

賃貸を無職の保証人なしで審査に通りやすくするコツは、転職理由をしっかり伝えることです。

無職の場合、転居の理由を明確にして不動産の担当者に伝える必要があります。

ただでさえ審査に不利な無職の状態で、転居理由が曖昧であれば審査に通ることはかなり難しいでしょう。

初期費用が安い物件を選ぶ

賃貸を無職の保証人なしで審査に通りやすくするコツは、初期費用が安い物件を選ぶことです。

初期費用には家賃や敷金・礼金など様々ありますが、安い方が審査に通りやすくなります。

そもそも敷金・礼金なしの物件には人が集まりません。

そのため、初期費用が安い物件や敷金・礼金0の物件を選ぶことで、審査に通る確率が上がります。

家賃の支払いをクレジットカードにする

賃貸を無職の保証人なしで審査に通りやすくするコツは、家賃の支払いをクレジットカードにすることです。

クレジットカードでの振込にすると、家賃の滞納がなくなります。

そのため、信用があることから審査を通過しやすくなるのです。

もし、審査に不安な面があるのなら支払いをクレジットカードにしてみましょう。

保証人不要の物件を選ぶ

賃貸を無職の保証人なしで審査に通りやすくするコツは、保証人不要の物件を選ぶことです。

条件に保証人不要を出している場合があります。

保証人がいなくとも審査に通ることができるのです。

保証人が周りにいないなら、保証人不要を条件に出している物件を選びましょう。

コミュニケーションを大事にする

賃貸を無職の保証人なしで審査に通りやすくするコツは、コミュニケーションを大事にすることです。

担当者と円滑なコミュニケーションを取りましょう。

会話の中で、担当者しか知らないことや、審査に通りやすくするコツを教えてくれることがあるのです。

また、近隣住民とのトラブルを避けるために、審査基準の1つとしてあなたの人柄が見られます。

どちらにせよ、担当者とコミュニケーションを取ることは必須です。

審査に通るためにとても大事なことの1つと言えるでしょう。

物件選びで譲れない条件を絞る

賃貸の契約で、無職の保証人なしだからといって、選ぶ物件の基準を下げすぎてもいけません。

実際に生活を始めてから、快適な暮らしを送れなくなってしまいます。

物件選びの際に、あなたには何か譲れない条件があるのではないでしょうか。

例を挙げると下記です。

  • トイレと風呂は別がいい
  • 部屋の階数
  • 駅の近さ

そのほかにもたくさんありますが、あなたの中で譲れない条件は、妥協せずに物件を選ぶようにしましょう。

条件の絞りすぎは、優良物件を見逃すことになりかねません。

ですが、譲れない条件を絞ることは、理想の快適な生活を送るためにとても大事なことです。

希望の賃貸契約ができなくても生活を快適にするには

担当者や大家さんと話を進めていくなかで、どうしてもあなたが希望していた物件と賃貸契約ができない場合があるでしょう。

そんなときでも、快適な生活を送ることはできます。

  • 必要なもののみ購入
  • 水漏れ対策・におい対策
  • DIYをする
  • 職に就く

それでは、解説していきます。

必要なものだけ購入する

本当に必要なものだけを購入することは、快適な生活を送ることに繋がります。

賃貸契約ができ生活を始めるとなると、家具など様々なものを買わなくてはいけません。

ですが、何が必要なのかしっかり考えてから購入しないと、生活を始めてから「これは必要なかった」となってしまうことがあります。

無駄な出費と感じてしまったり、幅を取り部屋が狭く圧迫感を感じてしまうなどのことが起こりえるのです。

家具などを買うなら、購入前に1度本当に必要なものなのか確認するようにしましょう。

水漏れ対策とにおい対策

水漏れが起こると、後処理も大変ですし修理には大きな金額がかかってしまいます。

修理場所にもよりますが、数万円〜数十万円です。

家賃数カ月分の金額が飛んでしまう可能性があります。

賃貸を無職の保証人なしで契約できても修理のために出費が出てしまうと生活や家賃の支払いにも影響してしまうかもしれません。

また、生活を送るなかでにおいがきついと心地よく暮らすことは難しいでしょう。

賃貸を無職の保証人なしで契約したら、その後快適な生活を送るために、水漏れとにおいの対策はしっかりするべきですね。

DIYであなたの好みの部屋にする

快適な生活を送るためにも、DIYをして好みの部屋にするのも1つの手です。

DIYをしてあなたの好みの部屋にすることで、毎日気分よく生活できることでしょう。

気を付けておくべきことは原状回復義務です。

原状回復義務とは、退去時には入居時の状態に戻さないといけないことをいいます。

賃貸物件の原状回復については以下の記事で詳しく解説しています。よく読んで参考にしてください。

https://www.sausagesisters.com/rent/tokuyaku/

元の状態に戻せない程のDIYはできません。

ですが中には、原状回復の義務がなく好きにDIYをしてもいい物件もあります。

あなたがDIYを行うなら、物件選びのポイントの1つになるでしょう。

あなたの好みの部屋にして快適な生活を送るためにも、DIYをすることを考えてみるのもいいですね。

DIYについても以下の記事で詳しく解説しています。是非参考にしてみて下さい。

https://www.sausagesisters.com/rent/diy/diy/

職に就く

あなたが快適な生活を送るためにとても大事なことは、職につくことです。

賃貸を無職の保証人なしで契約できても、職につかないと今後の生活は苦しくなってしまいます。

職につき金銭面や精神面ともに安定した生活を送りましょう。

また、職につくことで今後別の賃貸契約の審査をするときに、今よりも有利に通過することができます。

まとめ

当記事の内容は下記でした。

  • 賃貸は無職の保証人なしでも契約することができる
  • 5つのコツを意識すると審査に通りやすくなる
  • 物件選びであなたの譲れない条件は大事にする
  • 希望の賃貸契約ができなくても快適に暮らすことができる

賃貸を無職で保証人なしだとハードルは上がりますが、審査に通過することは可能です。

賃貸を無職の保証人なしでも審査に通る方法のほかに、審査に通りやすくするコツも述べさせていただきました。

ぜひ当記事を参考に、賃貸を無職の保証人なしでも契約し、快適な生活を送りましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次