MENU

賃貸物件におけるフリーレントとは?仕組みやメリット・デメリットを徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

賃貸物件を探しているなかで、「フリーレント」という言葉を目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。 

フリーレントは「家賃無料」という意味ですが、もちろん、毎月発生するはずの家賃が無料になるのには理由があります。 

本記事では、フリーレントの賃貸物件の仕組みについてお伝えしていきます。メリットやデメリットについても説明しますので、引っ越しをご検討中の方は参考にしてみてください。 

https://www.sausagesisters.com/rent/freerent/
目次

フリーレントの賃貸物件とは?

フリーレントの賃貸物件とは、家賃が一定の期間無料になるという契約形態の物件のことをいいます。 

無料になる期間に決まりはないため、契約から入居までの日割りで発生する家賃が無料になるというものから、3か月から半年というような長期に渡って家賃が発生しないなど、さまざまなケースが存在します。 

通常、賃貸物件を契約する際には、敷金や礼金、保証料などに加え、家賃も翌月分まで先に支払うことが一般的であるため、契約時にはまとまったお金が必要となります。しかし、フリーレントの賃貸物件を選ぶと、最初に支払う家賃が無料になるため、初期費用を大きく抑えることが可能となります。フリーレントの賃貸物件は、初期費用を抑えたいと考えている人にとって、非常に魅力的な物件といえます。 

フリーレントの賃貸物件の仕組みとは?

フリーレントの契約形態は、貸主側の「空室状態を避けたい」という思惑により成り立っています。 

賃貸物件は、空室であれば当然ながら家賃の収益は得られません。そのため、貸主は一刻も早く借主を見つけたいと考えますが、同じような物件が多い場合、差別化を図ることが難しく、なかなか借主が見つけられないこともあります。その際、貸主が競争力を付けるために取り入れる方法こそが、フリーレント期間の設定です。 

他の物件との差別化を図るために家賃を下げるという方法もありますが、それでは、同じ物件にすでに入居している住民に不公平感を与えてしまいます。また、不動産の価値が保てなくなる恐れがあるため、貸主側としては安易に家賃を下げたくはありません。 

その点、フリーレントの賃貸契約であれば、フリーレント期間は収入を得られずとも、その後の安定した家賃収入の見通しが立てられます。 

つまり、フリーレントの契約体系は、貸主側にとって空室回避を狙える大きなメリットのある方法なのです。 

フリーレントの賃貸物件を選ぶメリットとは?

フリーレント契約は、貸主側の空室リスクを解消するために有効であることは分かりましたが、借主側にはどのようなメリットがあるのでしょうか。こちらでは、借主側から見るフリーレントのメリットについてご紹介していきます。 

フリーレントの賃貸物件を選ぶ主なメリットは以下の2点です。 

  • 初期費用が抑えられる 
  • 家賃の二重払いを避けられる 

それぞれ詳しくみていきましょう。 

初期費用が抑えられる

フリーレントの最大のメリットは、初期費用が大幅に抑えられるところにあります。 

通常、賃貸物件を契約する際は、敷金・礼金などの初期費用に加え、翌月分までの家賃を先払いする必要があります。しかし、フリーレントの賃貸物件の場合は、家賃が発生しない期間があるため、例えば2か月分以上のフリーレント付き物件の場合は、最初に支払う家賃がまるまる不要となります。 

賃貸物件の契約にかかる初期費用は高額に上ることが多いため、その一部である家賃の支払いが不要となることは、借主にとって大きなメリットといえるでしょう。 

家賃の二重払いを避けられる

賃貸物件での住み替えをする場合、現在入居している部屋の契約更新の時期に合わせて新居を探し始めたとしても、ぴったり退去と入居の時期を合わせるのは難しいことです。 

そのため、ほとんどの場合で、現在の住まいと入居予定の住まいの両方の家賃が二重に発生してしまうことになります。 

しかし、フリーレントの賃貸物件の場合、フリーレントの期間があるため、引っ越し前後の時期の新居の家賃は発生しません。 

新居と退去予定の部屋の二重家賃を防げることも、フリーレントの賃貸物件の大きなメリットです。 

フリーレントの賃貸物件のデメリットとは?

費用面で借主側に大きなメリットのあるフリーレントの賃貸物件ですが、デメリットも存在します。フリーレントの賃貸物件の主なデメリットは以下の2点です。 

  • 入居期間によっては違約金が発生する場合がある 
  • 家賃が相場よりも高く設定されている場合がある 

それぞれ詳しくみていきましょう。 

入居期間によっては違約金が発生する場合がある

フリーレントの賃貸物件は、多くの場合、契約時に賃貸契約の期間が定められます。その期間の途中で解約を申し出た場合は、途中解約の違約金を支払わなくてはなりません。 

契約期間は物件により異なりますが、賃貸契約の期間は1年から2年ほどが多くなっています。場合によっては、フリーレントで得をした金額よりも大きい金額を請求されることもあり得るので、違約金については、契約前に必ず確認をしておきましょう。 

また、仕事の都合などで急な引っ越しが発生する可能性がある場合は、違約金を支払わなくてはならなくなるリスクが大きくなるため、フリーレントの賃貸契約は避けた方がいいといえるでしょう。 

家賃が相場よりも高く設定されている場合がある

フリーレントの賃貸物件のなかには、フリーレントの期間がある分、家賃の設定を高くしているものもあります。 

その場合、入居期間が長くなればなるほど、総支払額が高くなってしまうことになります。フリーレントの賃貸物件を選ぶ際は、事前に他の物件と比較を行い、家賃が適正であるかを確認するといいでしょう。 

フリーレントの賃貸物件を契約する際の注意点とは?

フリーレントの賃貸物件には、通常の賃貸契約とは異なる、注意すべき点が存在します。 

フリーレントの賃貸物件を契約する際の主な注意点は以下の3点です。 

  • 家賃の初回支払い日を確認しておく 
  • 管理費・共益費はかかる場合もある 
  • 更新月を確認しておく 

それぞれ詳しくみていきましょう。 

家賃の初回支払い日を確認しておく

フリーレントの賃貸物件の場合、フリーレントの期間によって初回の支払日が変わってきます。支払日は契約により定められており、フリーレントの契約であっても前払いが必要な場合もあるので注意が必要です。 

家賃の初回支払日については、契約前に必ず確認しておくといいでしょう。 

管理費・共益費はかかる場合もある

フリーレントの賃貸物件はフリーレント期間の家賃は発生しませんが、管理費や共益費が家賃とは別にかかる物件の場合は、フリーレント期間中も支払いは必要となります。 

フリーレントの賃貸物件を契約する場合には、管理費と共益費の支払いについて、事前にしっかりと確認しておきましょう。 

更新月を確認しておく

フリーレントの賃貸物件の場合、契約開始日と家賃の発生月が異なります。例えば、4月から住みたいと考えている物件を3月に契約し、初月はフリーレントとして家賃を払わずに4月から入居を開始した場合、本来の更新月は3月にもかかわらず、4月と勘違いしてしまうことが起こり得ます。 

更新月を間違って認識していると、次の引っ越しの際に、本来は払わなくていいはずの更新費を支払わなくてはならなくなってしまうため、費用がかさんでしまいます。 

フリーレントの賃貸物件を契約する際は、更新月をしっかりと確認しておくことが重要です。 

フリーレントを交渉で付けてもらうことは可能?

フリーレントは、貸主側にもメリットがある契約形態なので、交渉次第では付けてもらうことも可能です。 

こちらでは、フリーレントを付けてもらうための交渉のポイントをお伝えしていきます。 

交渉の時期に気をつける

フリーレントの交渉をするのであれば、閑散期である7月や8月に行うことがポイントです。 

人の動きが激しい春先は入居が決まりやすいため、貸主側からするとフリーレントを付けるメリットがありません。しかし、閑散期は引っ越しをする人自体が少ないため、その時期に入居者がいない場合は空室状態が長引く恐れが強く、貸主はなんとかして借主を探したいと考えます。 

そのため、閑散期はフリーレントの交渉を受け入れてもらえる可能性も高くなるでしょう。 

契約の意思があることを伝える

フリーレントの交渉をする場合は「フリーレントを付けてくれたら契約する」と伝えることが重要です。 

フリーレントの交渉は、通常、不動産会社から貸主に交渉してもらうものなので、入居するかをまだ迷っている段階では、不動産会社が確認をとってくれない場合もあります。 

フリーレントの交渉は、契約の意思がある場合のみ行いましょう。 

フリーレント以外でも費用削減は可能

家賃が一定期間無料になるフリーレントの賃貸物件は確かに費用面で魅力的ではありますが、フリーレント以外にも初期費用を削減する方法は存在します。 

たとえば、敷金や礼金なしの物件や、期間によっては不動産会社独自の割引やキャッシュバックのキャンペーンをしているということもあります。 

フリーレントが付けられなかった場合は、それらのサービスにも目を向けてみるといいでしょう。 

フリーレントの賃貸物件は契約内容をしっかりと確認しよう

フリーレントの賃貸物件は、初期費用を抑えられ、家賃の二重払いを回避できるというメリットもありますが、契約期間よりも前に退去した場合、違約金がかかるなどのデメリットも存在します。 

フリーレントの賃貸物件への引っ越しを検討している場合は、費用面のメリットだけではなくデメリットについても理解したうえで、契約内容をしっかりと確認してから契約をするようにしましょう。 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

CAPTCHA


目次